妊娠中に脱毛が出来ない理由まとめ…母体と胎児に与える影響とサロンでの対応方法

妊娠

永久脱毛や毛を薄くする光脱毛はとても魅力的なものですよね。

ですが、脱毛中に妊娠したらどうすればいいのか、胎児への影響などはあるのかなど、気になる方は多いと思います。

今回は、脱毛中に妊娠についてまとめておきたいと思います。

妊娠中に脱毛は出来るの?

脱毛サロンに通っている期間に、妊娠をしてしまう人は少なくありません。

そしてその時に疑問に思うのは「妊娠中に脱毛はしていいのか」だと思います。

結果から書くと、脱毛は出来ません。

脱毛は毛の毛周期に合わせて施術を行うものですが、妊娠をしてしまうとホルモンバランスが乱れて毛周期がズレたり毛が濃くなってしまうことがあります。

その結果、妊娠中に脱毛の施術を受けても効果が薄くなってしまいます。

脱毛サロンは、妊娠中に施術をした場合に何かのトラブルがあった際、責任をとることが出来ないのでほとんどの脱毛サロンで「妊娠中は施術出来ない」と注意事項に書かれています。

脇のみの脱毛もダメ

お腹と離れているから脇のみなら平気かな?と思ってしまいがちですが、脇だけでも妊娠しているときは施術ができません。

施術を受けることで、少なからず肌にダメージを与えてしまい、それが母体のストレスになってしまうこともあります。

脇だけだから大丈夫、と思わずに妊娠中は脱毛を中止してゆっくり過ごしましょう。

妊娠中の脱毛で胎児への影響

脱毛をすることで、胎児に悪影響を及ぼすことはありません。なので、妊娠していると気付かずに脱毛の施術を受けてしまっても大丈夫です。

基本的に光脱毛もレーザー脱毛も、母体や胎児に影響はないと言われています。

脱毛サロンやレーザー脱毛で使われている光は、肌表面に当てるだけのものなので危険性はありません。

とは言っても、本当に影響がないとも言い切れないですし、妊娠中は肌も敏感になり体調もすぐに悪化しやすいので妊娠と判明した場合は脱毛を中止しましょう。

妊娠中の脱毛がダメな理由

脱毛の施術自体は母体や胎児に影響がないのに、どうして脱毛がダメなのか理由を書いていきます。

妊娠をしてるけど脱毛もしたい…と思っている方は読んでみてください。

脱毛の効果が薄くなる

妊娠中はホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れることによって、毛周期が崩れて毛が濃くなったり薄くなったりします。

これは個人差なのでどちらになるのかはなんとも言えないですが、妊娠したことで私は毛が濃くなりました。

毛が濃くなると、脱毛をしても毛が生えてくることが多く効果が薄くなってしまいます。

このように妊娠中は、ホルモンバランスが乱れることで毛周期も乱れてしまい、正確に脱毛を行うことが出来ないので、妊娠中に脱毛をしてもあまり効果が期待できません。

体調が変わりやすい

妊娠中はホルモンバランスの乱れもあり、非常にデリケートになっています。

ちょっとした匂いや刺激などでも体調が変化をすることが多く、体調が安定していません。

光脱毛やレーザー脱毛は痛みが少ないとは言っても、妊娠中は肌が敏感になっているため痛みを感じやすくなっています。

その少しの刺激で体調が悪化する可能性を考えると、脱毛はしないに越したことはありません。

肌トラブルが起こる可能性がある

妊娠中は肌も敏感になります。

今まで全く何ともなかった物に肌が反応したり、痛みや痒みが起こりやすくなってしまいます。

光脱毛で施術したときに、今までになかった痛みを感じたり火傷を起こしたりする可能性があります。

そうなると上記で書いたように、体調の悪化に繋がってしまいます。

何が起こるかわからないのが妊娠なので、そういう危険性は少しでも排除することが大切です。

身体に負担をかける体勢になる

脱毛をするときには、ベッドの上に寝て施術をしてもらいます。

妊娠初期の頃はまだお腹が大きくないので平気かもしれませんが、お腹が大きくなってくると仰向けでもうつ伏せでも結構苦しいです。

無理な体勢を維持すると身体に負担をけてしまうので、気分が悪くなったりする原因にもなります。

そうなるとやっぱり、母体の体調や胎児への影響を考えて妊娠と発覚したら脱毛は行かないのが一番です。

妊娠が発覚したら脱毛は中断しよう

ここで気になるのが「脱毛をしている期間で妊娠が発覚したら残りの脱毛はどうするのか」ということです。

これは完全に店舗によって異なりますが、妊娠したということをスタッフさんに相談して「脱毛コースの期間を伸ばしてもらう」ことが一般的かと思います。

回数無制限の脱毛プランにしている場合は、脱毛できる期間も長いので気にする必要はないかもしれませんが、回数制限があり期間も指定されている場合は早めに連絡しましょう。

私が通っているミュゼでは、妊娠の連絡をすれば脱毛コースの期間延長をしてもらうことが可能です。

期間を伸ばしてもらうことが出来れば、落ち着いた頃にまた再開して通うことが出来るので嬉しいですね。

産後の脱毛再開はいつから?

産後の脱毛再開は大体が「生理が2回来ており授乳が終わってから」です。

これも店舗によって異なると思うので問い合わせをしてみてください。

授乳をしている間はホルモンバランスが乱れているので、肌は敏感な状態が続いています。

出産が終わったからといって急いで脱毛へ行っても効果が薄いことがあるので、出産後脱毛へ行くまでの間は肌をしっかり保湿して肌にダメージを与えないように過ごしましょう。

そうすることで、脱毛再開をしたときに効果が得られやすい状態を作ることができます。

乾燥肌や敏感肌だと、サロンによっては施術を断られることもあるので、通っていない間も肌の状態を良いものに保っておくことが大切です。

妊娠中のムダ毛の処理方法

妊娠中に脱毛サロンへ行けない間のムダ毛処理方法を書いておきます。脱毛が出来ない間ムダ毛処理に悩む妊婦さんは多いみたいですね…。

妊娠中だけだからといって、毛抜きやカミソリを使うのはNGです。

毛抜きやカミソリは一番肌を痛めてしまうので、妊娠中は特に肌がデリケートになっているので肌の状態がすぐに悪くなってしまうのでなるべくなら使わないのが一番です。

というわけで、妊娠時にオススメのムダ毛自己処理法を紹介します!

電気シェーバー

妊娠中に脱毛は出来ないので自己処理をするなら「電気シェーバー」がオススメです。

電気シェーバーは、肌に直接カミソリを当てるものではないので肌は一切傷つきません。

毛だけをカットすることが出来るので、安心して使うことが出来ます。

あまり肌に押し当てすぎると肌も傷つけてしまいますが、一番肌を傷つけずに簡単に出来る自己処理方法です。

肌を保護できて抑毛効果のあるローション

豆乳ローション

妊娠中や子供でも使うことの出来る抑毛ローションです。公式サイトで妊娠中も使ってOKと書かれています。

除毛クリームや脱毛と比べると化粧水なので効果は落ちますが、妊娠中でも使えるものは中々ないので、ムダ毛に悩む妊婦さんからすると非常にありがたいですね。

肌にやさしい成分なので、安心して使うことが出来るのも魅力の一つです。

値段も2700円と安いので、脱毛再開をするまでのムダ毛ケア用品としてぜひチェックしてみてください。

簡単ムダ毛ケアに!パイナップル豆乳ローション

妊娠中の脱毛はお休みしよう

妊娠中の脱毛は胎児に影響がないとは言われていますが、母体に負担がかかったりすることでの胎児への影響がないとは言い切れません。

そのような可能性は少しでも無いほうが良いので、妊娠中の脱毛は止めておきましょう。

何となく今までやってきた脱毛がもったいない!と感じる方もいるかもしれませんが、妊娠してしまうと毛が濃くなり、出産後にまた毛が薄く戻ることが多いです。

効果が薄いとなると、せっかくの脱毛ももったいないですからね…!

なので妊娠中は中断という形でお休みをして、出産後ホルモンバランスが安定してから脱毛を再開しましょう。

今は妊娠してないけど妊娠の予定があって脱毛をしたいと思う方は、そのことを事前に脱毛サロンで伝えておくことによって安心して脱毛サロンに通うことが出来ますよ!

脱毛にオススメなサロン・クリニックまとめ

1
ワキ脱毛が出来るオススメのサロン比較まとめ

脇のムダ毛処理でこんな悩みはありませんか? カミソリ負けをしてしまう とにかく処 ...

2
膝下脱毛でオススメのサロンまとめ…キャンペーン価格で安くなってます

女性のムダ毛の悩みで多いのが「すね毛」です。 夏は足を出したいけど、毛穴が目立っ ...

-脱毛の基礎知識