脇毛の脱毛は何歳から出来る?子供から通える脱毛サロンがあります

親子

今は脱毛サロンが人気ですが、脇毛の脱毛は何歳から施術することが出来るのか気になる方は多いと思います。

どの年齢から脱毛サロンに通うことが出来るのか、まとめておきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

脇毛の脱毛は何歳から出来るのか

脱毛サロンに通いたくても若い年齢だと、行っても大丈夫かな…と不安に思う方も多いと思います。

今では早い子だと小学校高学年くらいから脇毛に悩む子も多いみたいですね。

実際私も生えてきたときは、何も考えずカミソリで処理をしたりしていました。

若いうちからカミソリや毛抜きでムダ毛を処理していると、肌が傷つき大人になっても治らない色素沈着などの肌トラブルを起こしかねません。

そうならないためにもムダ毛で悩んでいる子供がいるのなら脱毛サロンに通わせてあげたいと思う親は少なく無いと思います。

基本的には16歳前後からOK

脱毛サロンは今では全国的に見てもたくさんの店舗がありますが、基本的には16歳くらいからとなっています。

生理が順調に来ていれば未成年でも通えるところが多いです。

未成年になってしまうと親の同意書が必要になってしまいますが、大体高校生くらいからということになりますね。

便利な時代になりましたね。私もそんな時代に生まれたかったです(笑)

16歳にもなっていれば脇毛も生えているでしょうし、一番ムダ毛について悩む時期かと思います。

オシャレも一番楽しめる時期かと思うので、ムダ毛を気にしている場合は、その場しのぎの自己処理方法ではなく脱毛サロンに連れて行くのはアリだと思います。

こういうのは女同士じゃないとわからない部分もありますからね…ムダ毛の辛さも共有できると思います。

7歳から通える脱毛サロンもある

今では7歳から施術可能な脱毛もあります。

全部の脱毛サロンで可能というわけではなく、脱毛サロンは限定されてきますが子供でも脱毛が出来ます。

「キッズ脱毛」という専用のプランも出てきているくらいなので、結構人気が高いです。

そこまで低年齢だと身体に害がないか心配になる方もたくさんいると思いますが低年齢で脱毛しても問題はありません。

実際、私の周りの子供も脱毛をしているという子がいました。

親が剛毛なので、子供にはそんなことで苦労して欲しくないという思いから子供に脱毛をさせている親も多いですね。

小学生のうちは脇毛はまだ生えていないですが、足や腕、背中などの毛を薄くするために通っている子もいます。

子供のうちに脱毛するメリット

子供のうちから脱毛サロンに通うことでのメリットを紹介します。

女の子はムダ毛のことで悩んだりいじめられたりすることもあるくらいなので、そうならないためにも早めに脱毛するという選択も候補にいれておきたいですね。

肌がすごく綺麗になる

自己処理をすることなく脱毛サロンで脱毛をした場合、肌を傷つけることがないので見た目の違いがかなり出ます。

私は小学生の頃からカミソリで処理をしてきたので肌を傷つけてブツブツがあり、大人になった今でも治すことができません。

ですが、子供のうちからカミソリや毛抜きを使わずに脱毛サロンに行くことで自己処理に伴う肌トラブルを回避出来ます。

肌を傷つけることがない、というだけでも見た目はかなり綺麗な状態になります。

自分に自信が持てる

思春期くらいの年齢になるとどうしてもムダ毛などでコンプレックスを持ってしまうことが多いです。

他の子よりも毛が太かったり濃かったりすると、それだけで自分に自信がなくなってしまいますし、いじめられる可能性もあります。

脱毛をすることで、ムダ毛のコンプレックスがなくなるので自分に自信を持つことが出来ます。

女の子なんか特に他の子と比べてしまうことが多いので、ムダ毛がないというのはそれだけでも自信に繋がります。

低年齢で脱毛するデメリット

小学生や中学生から脱毛サロンで脱毛をすることによってのデメリットは結構あります。

子供が相当悩んでいるようなら脱毛サロンに行くのも手ですが、大人になるまでは待ったほうが良いのではないかなと個人的には思います。

脱毛効果が薄い場合がある

脱毛は出来るだけ早めにやったほうが良いのでは?と思う方も多いかもしれませんが、あまりにも低年齢だと毛穴が少なく、身体がまだ完成されていないので効果が出ない可能性があります。

生理が来るまでは成長して毛穴も増えていきますし、子供の毛には光があまり反応しないという声も聞きます。

脱毛完了した後も、成長期だとどんどん毛が作られていくのでまた生えてくる可能性もあります。

生理が来て安定すれば大体身体も完成されているので、そこでまだ悩んでいるようであれば脱毛を受けた方が良いかもしれません。

そして、脇毛に関しても生えてきていないと光を当てても効果がないので生えてから施術を行うようにしましょう。

脱毛サロンの光は黒い色素に反応して脱毛をするものなので、生えていない状態では使うことが出来ません。

脇毛が生える前から脱毛サロンで生えないように対策をする、ということは不可能なので注意してください。

日焼けが出来ない

脇脱毛を行うだけならあまり関係ないので良いかもしれませんが、脱毛前後は日焼けが禁止されています。

外で元気よく遊びまわる小学生や中学生が日焼け禁止、というのは少々キツイのではないかなと思います。

子供だと体育やプールなどがあるので「脱毛しているから授業が受けられない」なんてことはあまり言えないですよね。

日焼けをしていたり、施術後に日焼けをしてしまうと火傷状態になってしまう危険性もあるので、日焼けが出来ないというのは子供が脱毛するにあたってはかなりのデメリットになります。

今ではラッシュガードなどもありますが、夏の時期に長袖を着させるのは難しいですよね…。

痛みがあることも

これは完全に個人差ではありますが、子供の肌は柔らかく敏感肌の子も多いので肌が弱い子は痛みを訴える場合もあります。

低年齢で脱毛サロンに通う場合は、子供脱毛がある脱毛サロンを選ぶことが大切です。

子供脱毛プランがある脱毛サロンは、機械の強さを極限まで抑えているので子供でも安心して受けられます。

間違ったムダ毛処理をしないように気をつけよう

子供のうちからムダ毛を気にして自己処理を行う子も多いと思いますが、間違った自己処理で肌を傷つけないように気をつけましょう。

とりあえずカミソリを使えばいい、とその場しのぎの自己処理を行っていると肌へのダメージが蓄積されていくので大人になった頃には肌がボロボロになってしまう可能性があります。

思春期ほどムダ毛を気にして間違った自己処理をしがちなので、肌を傷つけないためにも正しい自己処理方法を知っておきましょう。

自己処理は抑毛ローションがオススメ

親子向けの訴求

カミソリなどは正しく使っても、少しずつ肌を削ってしまい黒ずみや毛穴の汚れの原因となってしまいます。

肌を傷つけないためには、塗るだけで抑毛効果のあるパイナップル豆乳ローションがオススメです。

値段は税込2700円ですが、他の自己処理での肌へのダメージがあることを考えると自己処理方法にこだわることは大切だと思います。

塗るだけでOKなので、子供でも自分で簡単に使うことが出来ます。

肌を綺麗に保ちたい場合は抑毛ローションを使い、上手く自己処理をすることが大切です。

全身どこでも使うことが出来るので、処理しにくい場所でも簡単にケア出来るのが特徴です。

抑毛ローションは脱毛サロンに通うまでの処理方法として、子供はもちろん大人でも使えるのでチェックしてみてくださいね。

簡単ムダ毛ケアに!パイナップル豆乳ローション

親子で脱毛サロンへ通おう

子供だけ脱毛させるよりは、親子で一緒に脱毛サロンへ通うのが一番かと思います。

一緒に通うことで実際に自分でも体験出来ますし、感想もお互いに言い合うことが出来て親子のコミュニケーションも自然と増えます。

脇毛に悩むのなら、成長が安定してくる16歳くらいから脱毛サロンのキャンペーンなどを利用して脱毛を開始することで、料金を安く済ませることも可能です。

脱毛をする際に無料カウンセリングがあるので、気になることや相談などは初めに全部話して悩みを0にしてから脱毛を開始しましょう。

脱毛サロンに通うことが決定するまでは、抑毛ローションを使って上手にムダ毛ケアをしていきたいですね。

脱毛にオススメなサロン・クリニックまとめ

1
脇毛脱毛が出来るオススメのサロンとクリニック比較まとめ

脇のムダ毛処理でこんな悩みはありませんか? カミソリ負けをしてしまう とにかく処 ...

2
膝下脱毛でオススメのサロンとクリニックまとめ…キャンペーン価格で安くなってます

女性のムダ毛の悩みで多いのが「すね毛」です。 夏は足を出したいけど、毛穴が目立っ ...

-脱毛の基礎知識